糖尿病の症状を知っておこう|現代病に終止符を

婦人

脳内出血を防止する治療

病院

破裂する前に

脳動静脈奇形とは、脳の中の血管における、先天的な異常です。具体的には、本来は別々に存在している動脈と静脈とが、ナイダスという血管の塊によってつながってしまっている状態のことです。ナイダスには、動脈と静脈のそれぞれから血液が流れてきます。したがって正常な血管と比較すると破裂するリスクが高く、しかもその可能性は、年をとるにつれて上昇していきます。そのため脳動静脈奇形の人の多くが、破裂する前に、ナイダスへの血流を抑制する治療を受けています。具体的には、胴体の動脈からカテーテルによってナイダスへと、コイルを運ぶという治療です。コイルでナイダスの入り口を塞ぐと、ナイダスには血液が流れ込まなくなり、破裂のリスクが低下するのです。

放射線での治療

また、脳動静脈奇形の治療は、ガンマナイフやサイバーナイフによる放射線の照射によってもおこなわれています。放射線には、細胞に影響を与え、機能を低下させる力があります。そのためこれをナイダスに照射すると、細胞の衰えから、ナイダス自体が血管として機能しなくなっていきます。すると血液が流れ込みにくくなり、それにより破裂しにくい状態になっていくのです。ナイダスが破裂すると、生命を失ったり、後遺症が残ったりする可能性があります。破裂した箇所から血液が流れ出て、脳細胞が血液から栄養分をもらうことができなくなり、次々に壊死していくからです。早急な開頭手術などで出血を止めれば、脳細胞を守ることができますが、破裂前に治療した方が、体への負担が少なくて済みます。そのため脳動静脈奇形では、破裂前の治療が肝心とされているのです。