糖尿病の症状を知っておこう|現代病に終止符を

婦人

神経の乱れから来る病気

男性

さまざまな症状が現れる

自律神経には二つの種類があります。一つは交感神経と呼ばれる神経で、興奮した時や、積極的に活動する時に働くアクセルのような神経です。もう一つは副交感神経と呼ばれ、リラックスしている時に働くブレーキのような神経です。二種類の神経が切り替わることで、人間の体には活動と休息のサイクルが生まれています。このバランスが崩れてしまうと自律神経失調症になってしまいます。自律神経失調症の症状はさまざまです。動悸やのぼせ、めまいや不眠がよく訴えられている症状です。自律神経の働きは意識してコントロールできるものではありませんが、原因となっているストレスを抱えていないか、生活を見直すことで症状を改善に向かわせることができます。

ストレスを感じない思考

自律神経失調症の一番の原因はストレスだとされています。自律神経失調症による症状が苦しい時は、我慢せずに薬を飲む事もストレスを減らす方法です。それでも現代社会ではストレスを全て取り除いて生活するのは難しいのが現状です。同じ環境であっても受け取り方を変え、ストレスを感じないようにすることが必要です。例えば落葉が庭に溜まっている光景を見て「庭が汚れてしまった」と考えることはストレスとなるかもしれません。ところが「夏が終わって食べ物の美味しい秋がやってきた」と思えば掃除も楽しくなるでしょう。このようにストレスを感じない思考法を身につければ、自律神経失調症の改善に繋がるだけでなく、生活を楽しむことができるのです。